ピー・アンド・イー・ディレクションズ(p and e)

若手社員の声

キャリアを知る 若手社員の声

森本和人
森本 和人 / 2019年入社 コンサルタント
東京大学法学部卒業

―― P&Eディレクションズに入社を決めた理由を教えてください

中学・高校の部活と大学で体育会のサッカー部に所属していました。サッカーに打ち込む中で、スポーツ業界で働くことに興味を持ちましたが、業界について勉強する中でスポーツ業界にはビジネスに強い人材が少ないことが課題視されていることを知り、自分自身もまずは「ビジネスに強い」人材になりたいと考えるようになりました。その際に、多様な業界・企業のビジネス携わる戦略コンサルタントという職業を志望するようになりました。
その中で特に当社を選んだ理由は大きく二つあります。一つ目は、説明会や面接であった社員の方全員が非常に印象が良く、相手の話を興味を持って誠実に聞こうとされる方ばかりだったことです。この印象は入社後にも間違いなかったと感じ、実際若手の身として働きやすい環境だと感じています。二つ目は、自分の希望であった、多様な業界・企業のビジネスに携わることができる、具体的にはマルチアサイン、長すぎない案件期間、成長支援が多い案件内容などの特徴があることです。こちらも、現在に振り返っても希望していた通りだったと感じています。

―― 入社してから現在までの仕事や役割、学んだことを教えてください

携わったテーマは、企業の中期経営計画・グループ戦略・新規事業・現場改善の実行支援や、M&AにおけるビジネスDD、ピッチ資料(企業売却のアピール用資料)作成など非常に多様なものです。
仕事の中での役割は、調査に基づく資料の作成が基本です。ただ、一年目からクライアントへ提言すべき内容や、組織や人の動かし方の議論にも参加させてもらい、打ち合わせでクライアント社長と相対する機会も多くもらいました。実力的に未熟な中でも責任のある役割を担うため、それを全うする自覚を強く持つようにしています。
仕事の中で多くを学んでいますが、特に入社前から想定していた「論理的思考力」だけではなく、入社前はあまり意識していなかった「組織や人を動かす力」について学ぶ機会を得ています。前者は想像しやすいかと思いますが、コンサルタントは実際にクライアントに動いていただいて初めて価値を生む仕事なので、後者についての力を身に付けることの重要性を実感しています。

―― 今後のキャリア目標を教えてください

前述のとおり、私はスポーツの業界に飛び込んでいくことが長期的な目標です。
ただ、先輩からの「半端なところで仕事を変えず、一つの仕事でなるべく多く学ぶと良い」というアドバイスもあり、コンサルタントとして一人前になることが短期的な目標です。
自身の目指すコンサルタント像は、社内に対しては「チームを引っ張れる存在」、社外に対しては「自分の名前でクライアントと向き合う存在」です。一般的な用語だとプロジェクトリーダー、マネージャーに該当するものです。できる限り早くコンサルタントとして一人前になれるように努力しています。

―― 普段の働き方、オフの過ごし方を教えてください

そもそも取り組むべきことが多い仕事であるのに加え、私が自ら手を挙げて仕事をもらいに行くため、一般的な仕事と比べると忙しいと思います 笑
ただ、どんなに忙しくても睡眠時間を削らないことをポリシーとして貫いています。また、同期メンバーととても仲が良く、仕事の合間に行く食事も良い息抜きになっています。案件でご縁のあった飲食店さんの店舗がオフィス近くにあり、案件終了後も毎週のように通いつめています。
オフの日は、スポーツ観戦が好きで、年に数回はふらっとスタジアムを訪れサッカーを現地観戦します。昨年は会社の先輩とバスケットのBリーグも見に行きました。他、定期的に体を動かすために、家から近い皇居の周りを必ずランニングするようにしています。
また、この仕事を始めてから世の中の色々なものに興味を持つようになり、仕事と関係のない調べ物や勉強に割く時間も多いです。

関連トピック FEATURE TOPIC