CSR活動 CSR

TOP > CSR活動

P&EのCSR活動

P&Eでは「実行できる理想を。」を掲げて、クライアント企業の成長支援を行うと同時に、我々自身が実行をともなう社会貢献やスポンサーシップを通じて、成長していきたいと考えます。具体的には、「リベラルアーツ教育」「環境保全」「人権保護」の3つをテーマに、以下のCSR活動に取り組んでいます。

■ 活動報告

HLABへの協賛

HLABは、「ボーダーを越えたリベラル・アーツ」をコンセプトに掲げ、独自開催のサマースクールで、日本の高校生と海外大学生とが国境・世代を越えた交流をする国際教育プログラムです。代表の小林亮介氏が、米国ハーバード大学に留学中の2011年に設立し、2014年には一般社団法人HLABが発足しました。

P&Eは、2014年のサマースクールからメインスポンサーとしてHLABに協賛し、3年目になります。2016年は東京・長野(小布施)・徳島・宮城(女川)の4カ所でサマースクールが開催されました。ハーバード大学流のリベラルアーツ教育が、HLABのサマースクールを通じて、日本に普及していくことに寄与しています。

一般社団法人エコマートの事務局

エコマートは、電子請求書プラットフォームの普及・促進を通して、ペーパーレスによるビジネスの効率化とコスト削減、地球環境の保全を目的とする一般社団法人として、2015年1月に設立されました。

代表理事には元日本郵政株式会社社長の坂篤郎様、理事には三菱東京UFJ銀行特別顧問の沖原宗隆様、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の菅野寛様をはじめ12名の方が名を連ねています。運営委員には、東証一部上場会社の株式会社インフォマート株式会社オプトホールディングをはじめ6社が参画しています。P&Eは、運営委員の1社であり、また事務局運営を担当しています。

エコライセンス(GSL)への参加

Green Site License(GSL)は、環境貢献活動をしながら、Webサイト上で環境貢献のPRができるエコライセンスです。P&EはGSLの主旨に賛同し、2015年に公式サイトにGSLバナーを掲載しています。GSLに参加することで、海外(ネパールほか)の植林活動を支援することにもなります。GSLの存在そのものの認知を高めて、「目に見える」環境貢献を続けていきます。

みちのく未来基金への支援

P&Eは、公益財団法人みちのく未来基金の支援企業の一社として、こちらに掲載いただいております。東日本大震災で被害にあわれた未来ある子供たちの大学・短大・専門学校への進学を応援すべく、弊社がクライアント支援で年間に関与させて頂く案件数に連動して、ささやかながら寄付を続けています。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)への署名

2015年、P&Eは国連が提唱するグローバル・コンパクト(UNGC)に署名・参加しました。UNGCに署名(既に7,000社)した一社として、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、腐敗の防止をテーマとした10の原則の実現に向けて継続的に努力していきます。2015年度の活動報告(Communication on Progress)は、こちらからご覧いただけます。