ピー・アンド・イー・ディレクションズ(p and e)

若手社員の声

キャリアを知る 若手社員の声

内藤光香
内藤 光香 / 2019年入社 コンサルタント
京都大学文学部人文学科卒業

―― P&Eディレクションズに入社を決めた理由を教えてください

私は新卒で大手総合系コンサルティングファームに入社した後、第2新卒として当社に入社しました。
新卒時コンサルティングファームを選んだ理由は、大学在学時でのIT系ベンチャーでの長期インターンでの経験によるものです。インターンでは国内中堅企業向けに営業活動や新規事業立案支援を行う面白みを感じ、企業にとってより影響力のある仕事がしてみたいと考えました。
新卒入社後は重厚長大産業の企業向けにバックオフィスの効率化を浸透させるため、全国津々浦々の工場をめぐり現場のクライアントと議論を重ねました。しかし、各地の優れた仕組みが組織の壁を越え、企業全体で仕組みとして機能するまでには至らず、ボトムアップ的に企業を変化させることの難しさを知りました。同時に、取組みがソリューションありきになってしまい、クライアントが変わるべき方向性や変わった先のビジョンに答えのなかった自分にも気づきました。
以上の気づきから企業・事業の成長戦略に向き合い、経営課題に対する意思決定を行うエグゼグティブ層をお客様とする仕事に就きたいと考え、戦略コンサルティングファームへの転職を決意しました。中でも当社に決めたのは、業界横断的に事業成長テーマに貢献できること、少人数ファームだからこそ若手にも裁量ある仕事を任せられ、多くのスキルを身に着けられる環境だと判断したからです。
実際上記2点に加え、ダブルアサインで短期案件を多く任せられます。そうすると、約1か月単位で各プロジェクトのパフォーマンスレビューが発生し、自分の成果を振り返りネクストアクションを練ることが求められるのです。当社は、このような経験ができ、着実に成長を積み重ねていくことのできる環境だと思います。

―― 入社してから現在までの仕事や役割、学んだことを教えてください

M&A時のビジネスデューデリジェンス(以下ビジネスDD)やピッチ資料作成、業界ベンチマーク調査などの短期案件や、新規事業立ち上げのサポート、部門業務効率化支援といった中長期プロジェクトに従事し、当社の特徴である戦略と実行の両面からクライアントを支援しています。
入社してすぐにビジネスDDにジョインし、基本的なリサーチや定量分析などの基礎的なスキルを鍛えるとともに、事業を評価する上での視座の持ち方を学びました。留学経験を活かし、グローバルリサーチと資料作成を担当することも多く、海外企業案件にも積極的に関与しています。
また、上位者やメンバーとの議論を通してロジカルに思考を整理し、仮説・論点構築を洗練する力を日々磨いています。クライアントとは直接対話を重ねながら、仮説検証のヒントを引き出すとともに、導いた示唆から実際の仕組みに落とし込む方法を提案しています。

―― 今後のキャリア目標を教えてください

プロジェクト全体をリードする立場として、ステップアップするのが直近の目標です。自分のライフプランとの兼ね合いもありますが、可能な限り早く一人前のコンサルタントとして大成できればと考えています。
これまでの経験で、クライアントから課題特定に続き実行支援にもご指名をいただくことや、企業戦略検討のコアメンバーとして認めていただく場面が大きなやりがいだと感じています。この経験をさらに広げ、より多くのクライアントに価値を提供できるよう、自分自身のスキルの向上を怠ることなく精進できればと考えています。
中長期的なキャリア目標はまだ明確ではありませんが、自分でリーダーシップをもって組織をマネジメントすることにも興味があります。

―― 普段の働き方、オフの過ごし方を教えてください

マルチアサインで一日に複数社の案件に関わるからこそ、限られた時間の中で集中して取り組むことを心掛けています。また、目の前に見えているタスクをこなすだけでなく、オーナーシップを持ってチームとクライアントに貢献することを意識しています。具体的には、プロジェクトとして達成すべき目標から分解し、各段階でチームとしてどうなっていたいのか、そのために周りの力を活用しつつ自分は何を準備すべきか思考し行動することで、本質的な成功に近づくための活動を行うようにしています。
オフは体型管理とストレス発散のために、毎週キックボクシングのジムに通っています。社会人になってから始めたので最初は初級レベルでしたが、あえて上級クラスを希望して実力以上にハードなトレーニングを積むことで、予想していたより早く上達できました。相手のスタンスを読みつつここぞというときに攻めることで経験年数や体格で優れる相手とも渡り合えるのは、コンサルタントとしての働き方に通じるところがあるとも感じます。
その他、プロジェクトとは別に毎週テーマを決めて読書をしたり、夫と都内の散歩や旅行に行ったりして、オンオフどの瞬間も充実して過ごすことができています。

関連トピック FEATURE TOPIC