ピー・アンド・イー・ディレクションズ(p and e)

ENTRY

新卒社員の声

キャリアを知る 新卒社員の声

山田陸
山田陸 / 2016年入社(3年目) コンサルタント
東京大学農学部卒業

―― P&Eディレクションズに入社を決めた理由を教えてください

コンサルティング会社の存在自体は知っていましたが、当初はそれほど志望度は高くありませんでした。当時の私はコンサルティング会社に対してあまりよい印象を持っていなかったからです。それでも、いろいろな企業や業界に携われる仕事につきたいとは考えていました。

そうした中で、偶然就職エージェントから当社を紹介されて知り、座談会に参加しました。そこで私の持っていた印象が一気に覆されました。私が考えていたコンサルティング会社のイメージとは全く異なる印象を受けました。
少数精鋭で、長期的な視点でしっかりと育てる文化やあらゆる規模の様々な業界の企業に対する仕事に携わることができるところにに大いなる魅力を感じました。
そして実際に面接で出会う方々の持つ雰囲気がとてもよかったことも決め手でした。

―― 入社してから現在までの仕事や役割、学んだことを教えてください

当社に入社当時からご支援テーマの中のいちパートを丸々任されることが多かったように思います。そのパートにおける論点の設定や仮説の構築、調査・分析、アウトプットの作成までを自分が責任を持って実行していきますが、初めのうちは全くうまく進めることができず、他のメンバーやリーダーに迷惑をかけてしまうことが多くありました。はじめのうちはできないことだらけでしたが、自分にできることをその場その場で必死に行っていく中で、すこしずつできることを増やしていきました。もちろん、できない悔しさに心が折れそうになることもありますが、私は新しいことを勉強するのが好きなので、それを楽しみながら行っていたというほうが大きいです。

今は後輩も入ってきて、自分の担当の仕事を手伝ってもらったり、指導をしたりする役割も担うようになりました。
これまでは仕事を依頼される側でしたが、依頼する側になることでまた新たな視点を得ることができ、それがメンバーとしての自分のふるまい方にも活かされています。

―― 今後のキャリア目標を教えてください

まずはお客様と対等に対話をすることのできるコンサルタントになりたいです。そのためには頭の良いだけでも、口が回るだけでもだめで、知識、経験に加えて、気遣い・共感力や話の引き出しの多さなどの教養の深さも強く求められます。そうした意味で言うと、まだまだ自分は研鑽を積んでいく必要があります。報告会のような準備をして臨むお客様との対話を超えて、自由に議論をできる力を身につけて行きたいです。

長期的な視点で見ますと、私はヨーロッパが好きなので、ヨーロッパを地盤にして自分の好きなビジネスをしながら暮らしていきたいと思っています。
そのために、コンサルタントとして様々な業界のお客様とお仕事をする中でビジネスを見る目を養っていければと考えています。

―― 普段の働き方、オフの過ごし方を教えてください

休みの日にはしっかりと休みたいというタイプなので、その分きっちりと平日に仕事を終わらせるべく働いています。私は限られた時間でできる限りのいいアウトプットを出したいという気持ちが強く、時には深夜まで働くこともあります。それは成長のためというよりは、その時々で面白いことを見出すことが好きだからということのほうが強いです。P&Eは人それぞれで働き方を自由に選択することができる寛容な会社だと思います。

 休日には、クラシックコンサートや美術館に行ったりしています。最近は蕎麦屋巡りに入れ込んでいます。蕎麦は非常に奥が深いので、どんどんのめり込んでいっています。笑

関連トピック FEATURE TOPIC