ピー・アンド・イー・ディレクションズ(p and e)

ENTRY

新卒社員の声

キャリアを知る 新卒社員の声

奈良拓磨
奈良拓磨 / 2014年入社(5年目) アソシエイトマネージャー
東京大学理学部卒業

―― P&Eディレクションズに入社を決めた理由を教えてください

私は大学在学時に学業と並行して教育NPOに携わっていました。その際、プロボノとして参加されていた現役コンサルタントの方の仕事をご一緒させていただく機会があり、コンサルティング業界に興味を持ちました。
また、大学の後半は多くの時間を学業とNPOに費やしていたため、ビジネスについての理解が浅く、これといった志望業界を見つけられない状況でしたが、働きながら様々なビジネスの仕組みを知れるコンサルティング業界に大きな魅力を感じました。
その中で当社を選んだのは、説明会や面接で会う社員の方に独特の温かみや柔らかさを感じたからです。他のファームとは違って、人間性や会社とのフィット感を大事にされていたように感じます。
また、ダブルアサイン制度によって短期間でより多くの業界・企業の仕事ができることや、小規模ファームゆえに経営陣に近い位置で仕事ができることも当社を選んだ理由です。

―― 入社してから現在までの仕事や役割、学んだことを教えてください

入社してからの1年は事業会社の新規事業立上げや投資会社の企業価値評価の仕事などに携わりながら、コンサルタントとしての基礎を徹底的に学びました。
2年目には、大手メーカーの新規事業の計画・立上げを経験をしました。コンサルタントというより立上げチームのいちメンバーとして参加したのですが、事業の推進者として、情報が少ない中で日々スピーディに提案することが求められ、「スタンスを取る」ことの大切さと難しさを実感しました。元々物事をフラットに見る性格や考え方でしたが、事業を推進するためには、決断のために「スタンスを取る」つまり、自分なりの結論を持つことが求められます。この機会を通じて事業を推進するお客様側の視点や意味のある提案とは何か、について身をもって知ることができました。
3年目以降には、様々なプロジェクトリーダーを任されるようになりましたが、立場が変わっても「スタンスを取る」ことの重要性は変わらないと気付きました。2年目の貴重な経験が今も私の仕事の基本となっています。

―― 今後のキャリア目標を教えてください

これまでの経験を通じて、「やりたいことはあるが中々実現できない」、「""思い""はあるが周りがついてこない」企業や事業があることを知りました。そういった企業に対して、その""思い""が実現できるようにサポートするコンサルタントになることが目標です。
私は自ら先頭に立って引っ張っていくよりも、周りを引き立てサポートしていくタイプのリーダーだと認識しています。今後も、プロジェクトリーダーとして経験を重ねながら、自分なりのリーダーシップの形を磨き、コンサルタントとしての価値を高めていきたいです。
明確にこうなりたいという長期的なキャリアのビジョンは、まだ持っていません。長期的なキャリアを明確に定めるよりも現在の仕事に邁進し、常にアンテナを張ることでやりたい仕事に出会うという考え(Planned Happenstance)を基に、日々の仕事を通して自己研鑽を続けていければと思っています。

―― 普段の働き方、オフの過ごし方を教えてください

まず働き方ですが、当社では複数のチームに参加するダブルアサイン制度をとっているため、限られた時間で最高のパフォーマンスを発揮する「効率性」が重要になります。言われたことをするだけではなく、イニシアチブをとって、自分の働き方や環境を変えていく姿勢が効率性を生みますし、成長につながると思っています。
とは言っても、仕事には繁閑の波があるので、その時々によって、柔軟にペースを変えていくことも必要です。私のオフは充実しているとは言えませんが(笑)、
成長のためにはあえて厳しい環境に身を置くことも必要だと考えます。大企業で過ごす5年と当社で過ごす5年は全然違います。当社では入社から継続して新しい役割にチャレンジする機会があります。この機会を活用し、役割における成果を追求することで成長したいと考えています。

関連トピック FEATURE TOPIC