レポート Report

TOP > レポート > 投稿・インビュー記事

地域企業経営の針路(COALA net vol 3, 2019年春号より)

開催日
テーマ
講演者
講演内容
掲載ページ
地域企業経営の針路

Product(製品)、Price(価格)、Place(場所)、Promotion(販売促進)と、4つの変数で分析するマーケティングの〝4P〟というのがあるが、ここで3つ目に挙げられているように、「場所」は、事業の継続を図るうえで重要な要素だ。

その点を考慮すると、地域企業にとっての場所は、顧客が少なく、働き手が不足している地方だ。首都圏の企業と比べると、どうしてもハンディがある。ただ、どのような地方都市にも人が集まる場所があるので、状況によっては、人の集まる場所へ移動することも検討する必要があるだろう。

地域企業の不利な点をもうひとつ挙げるならば、情報が少ないことだ。現代はインターネットが普及し、情報化社会とも言われるが、ことビジネスに必要な専門的な情報の量は、首都圏と地方で大きな差がある。

仮に企業がアジア進出を狙うケースを考えてみよう。首都圏の企業ならば、事前にアジア各国の法規を調べ、市場を調査することは比較的容易にできるが、地域企業の場合、地元に海外事情に詳しい弁護士や調査会社がない。海外進出した企業も僅かで、事例が乏しい。
こうした情報量の格差は、マーケティング力の差に直結する。地域企業の多くが、消費者ニーズを集めて商材を開発・販売していくBtoCビジネスを苦手とし、大手企業の下で生産・販売する下請け企業であり続けるのも、その現れと言える。

成長のための2つの要諦

ならば、地域企業が成長するために何が必要か。それを論ずる前に、地域企業に限らず、企業の永続的な成長に欠かせない2つの普遍的な要素について、説明しておこう。

第一に、「既存事業の自己革新」である。これは、年商数十億円のある服飾メーカーを例に挙げる。その企業は、第二次世界大戦前に創業し、群馬県でモンペをつくっていた。それが戦時中に学生服をつくり始め、戦後は工場のユニフォームやオフィスの制服にシフトし、現在は看護服や介護服を生産して売上げを伸ばしている。高度経済成長期を経て、高齢化社会へと移り行く時代の変化を順応し、顧客を変え、商品を変え、売り方・儲け方を変えて自己革新を遂げた。つまり、既存事業の自己革新とは、端的に言えば、時代適合と言える。

第二に、「新たな事業創造」だ。全く新しい事業を始めるというよりは、既存事業の隣地で新たな事業を創造することを指す。たとえば、家具メーカーが、木との触れ合いに価値を見出し、子供向けの木工体験を始めたとしよう。家具メーカーが体験教育事業に乗り出すのだから、一見すると、全く新しい事業だが、背景には、木を加工する技術が確固として存在し、さらに、木の温もりや安らぎを家庭に届けるという理念があって、その部分は既存事業と共通している。このように、新しい事業が、自社の強みや技術、理念において、既存の他の事業と繋がっていることが肝要だ。

そして、既存事業の自己革新と新たな事業創造は、車の両輪のごとく、併存していなければならない。両利きの経営が求められているのだ。

未来志向で心を開こう

では、改めて地域企業が成長するためには何が必要か。地域企業は、オーナー企業である場合が多いため、地域企業の経営者はどのようにあるべきかについて見解を述べる。

まず、未来志向であるべきだろう。5年後、10年後の世の中の変化を読み、バックキャストする。つまり、先から今を見るのである。
変化を捉える際の切り口は、マーケティング手法のPEST分析を用いるとよい。PはPolitics(政治)やPopulation(人口)だ。政治の変化もさることながら、今後は高齢化や人口減少が加速する。その変化が事業にもたらす影響は非常に大きい。EはEconomy(経済)とEnvironment(環境)。いまや異常気象が顕在化し、温室効果ガスの削減や〝脱炭素化〟の潮流に対して、地域企業も無縁ではいられない。SのSociety(社会)やTのTechnology(技術)も重視すべきだ。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の普及に伴い、事業形態そのものが変化していく。

さらに、地域企業の経営者はオープンマインドである方がよい。というのも、経営者は独り善がりになりがちだ。成功した企業がやがて伸び悩むのは、往々にして事業モデルが強すぎることと、影響力のある経営者がその事業モデルに固執する点にある。時代が変化しても、時代錯誤を続け、ついには時代と大きく乖離して通用しなくなってしまうのだ。〝秘伝のタレ〟は守りつつ、広い心を持って他社を受け入れ、協業して、時代の変化に乗り遅れないように心がけるべきだろう。

さらに言えば、金鉱を掘り当てるまで、仮説と検証を繰り返すこと。これは、半ば精神論に近いが、考えて考えて考え抜いて、何度も試行することは、経営においても重要なことである。10通り試して失敗したら、100通り試行する。必ず答えが見えてくるはずだ。
最後に、私が期待するのは、若い方や女性、業界外の方など、異なる視野・視座を持った経営者だ。その点、3代目社長もいい。初代が新規事業をつくり、2代目は組織の歪みを是正するが、膿を一掃して自己革新を遂げ、新たな事業を創るのは3代目が多い。会社を潰すのは3代目と言うが、会社を伸ばすのも3代目だ。

解説: 代表取締役 島田直樹

COALAnetとは

COALA netは、異業種の3社が協働して発刊した地域経済誌です。
COALAの「CO」は企業(Company)と地域共同体(Community)、「ALA」はアライアンス(提携)を意味します。企業にとって価値ある情報を発信し、企業と企業、企業と地域、地域と地域の強調を促し、地域の活性化に寄与することを目的としております。

【発行元】

株式会社ウエストホールディングス

リッキービジネスソリューション株式会社

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ

関連レポート
いまさら聞けないAI (COALA net - vol 4, 2019年夏号より)
『いまさら聞けない』シリーズ初回はAI(人工知能)がテーマ。AIで一体何ができるのか。(COALA net vol 4,…
いまさら聞けないサブスクリプション(COALA net vol 5, 2019年秋号より)
『いまさら聞けない』シリーズ第2回。今回はモノの利用権を一定期間提供して利用料を得るサブスクリプション方式について解説し…
医薬経済連載 第1回 茹で上がる前に跳べ - ZOZOから学ぶ「外力」の効用
当社マネージャーの山田が、医薬経済社の業界紙「医薬経済」に、全6回の連載を開始しました。この連載では、将来の事業環境に起…
医薬経済連載 第2回 茹で上がる前に跳べ - 製薬にとってD2Cは対岸の火事か
医薬経済誌の連載記事「茹で上がる前に跳べ」シリーズ・第2回は、「D2C(Direct to Consumer)の高まり」…
医薬経済連載 第3回 茹で上がる前に跳べ - 異業種・海外も視野に入れたD2C「3箇条」
医薬経済誌の連載記事「茹で上がる前に跳べ」シリーズ・第3回は、アパレル業界での構造変化の例を上げ、医薬業界においてD2C…

関連するサービス