事例

TOP > コンサルティング事例 > 販売強化に向けた改革:消費者向け製品メーカー

消費者向け製品メーカーの販売強化に向けた改革

消費者向け製品メーカーの販売強化に向けた改革を支援。ヒト・モノ・カネ・情報の各リソースの取捨と集中を徹底した結果、販売強化の改革後、1年間で赤字から一転、V字回復を達成

支援対象企業

■消費者向け製品メーカー

実施内容

販売強化の改革①:チャネルの取捨と集中

  • –代理店・小売企業のカテゴリ分け
  • –各カテゴリ別戦略の立案
  • –販売条件の見直し
販売強化の改革②:営業リソースの最適化
  • –業務内容の見直しと営業体制の再構築
  • –営業所の統廃合
販売強化の改革③:積極販売の推進
  • –店頭販売管理体制の構築
  • –販売マニュアルの作成
  • –店頭情報共有の仕組み化
販売強化の改革④:在庫管理体制の構築
  • –製品分類基準の構築
  • –在庫削減方法の検討及び進捗管理
販売強化の改革⑤:新規チャネル開拓支援
  • –オプション検討とビジネスモデルの構築
  • –各事業性評価と営業戦略の立案

支援期間

■期間: 12ヶ月(第1フェーズ)

■人員: コンサルタント4名

業績推移(連結)

売上は微減となったが、チャネル改革等が奏功し営業利益が大幅に改善

 

関連事例

関連するサービス